市川市の家族葬をするときの心得

東京都に隣接する市川市は、核家族世帯が多いという点からも家族葬を選ぶ傾向が強まっています。葬儀社の数が多いだけに、プラン内容や価格などの比較をしながら選定することができますが、数の多さに加え、各社ごとに違うプラン内容に戸惑いがちになります。家族のみのシンプルな葬儀ということで、契約などもスムーズに運びそうな印象がありますが、突然の事態に慌ててしまい、不本意なプランを選んでしまうこともあります。家族葬の代表的な3プランのどれで行うのか決めた上で、大体の参列人数を明確にしておくことが大切です。病院で亡くなった場合、早急な遺体搬送を求められますので、病院で紹介された葬儀社に依頼、プラン内容を把握しないまま選ぶことにもなりかねません。事前の準備は縁起が悪いと及び腰にならず、希望通りのプランがある葬儀社を選んでおいたほうが、納得のいく葬儀が行えます。

3つのプラン内容と各社の違いを認識

各葬儀社が設定している家族葬プランは、同じタイプ同じ参列者数であっても斎場の規模などによって価格設定にかなりの違いがあります。他社に比べて特に割安な場合、必要な祭具や遺体安置などの料金がオプションになっている場合がありますので、注意しなくてはなりません。3プランの1つめは、参列するのが家族と親戚のみという以外は、お通夜と告別式をおこなう通常スタイルと変わらない形式です。2つめはお通夜を行わず告別式のみの一日葬、3つめはお通夜も告別式も行わず火葬のみの、直葬とも呼ばれる火葬式です。各プラン内容の葬儀の流れ自体はほぼ同じですが、斎場の規模や祭壇のタイプで価格に差が出てきます。一番シンプルな火葬式でさえ、価格設定に大きな幅があります。10万円以内といったような、あまりに格安なプランは、オプション料金が加算されて最終的には倍くらいになると考えておいたほうが無難です。

費用に見合った心のこもった葬儀を

最もシンプルで費用も時間もかからないことから、市川市でも火葬式への注目度が高まっています。特に、公営の市川市斎場は火葬場に併設されていますので、火葬のみの火葬式を行うには最も適した斎場と言えます。市民であれば、割引料金で利用できるのも魅力です。火葬場併設ということで、公共交通機関利用の場合、最寄り駅からバスかタクシーの利用になってしまうことと、葬儀が重なっているとかなり待たされてしまうというデメリットもありますが、特に費用を抑えたい場合に向いています。火葬のみの火葬式では、慌ただしい葬送になる印象がありますが、弔問客への気遣いをしなくて良いぶん、家族だけで静かに送ることができる形式とも言えます。どの家族葬プランを選ぶにしても、最低限の準備をしておくほうが、後悔のない葬儀が行えます。