市川市の家族葬をするときにかかる費用

市川市でも増えている家族葬は、近親者のみで送り出す最後のセレモニーです。残された家族に葬儀費用などの負担をかけたくない方や、家族との別れの時間を大切にしたいなどの理由で用いられることが多くなったスタイルです。形式が自由となっており、あらかじめ決められた方法がないことから、費用相場が読みにくいといわれるのも事実でしょう。どのような方式で行うのかによって、価格が異なる点も理解しておくと安心です。また、個人の希望を最大限に生かすことができるので、生前に相談しながら決めることもできます。従来型の費用相場と比較すると、家族で行う葬儀のメリットも明確に把握できるようになるでしょう。ゆっくりと最後の時間を過ごすために、基本知識を事前にリサーチして満足できる葬儀を行いましょう。

全国的な相場から確認するメリット

費用に関しては、従来タイプの相場と比較するとわかりやすくなります。全国平均でみると葬儀費用の平均は120万円程度です。市川のある関東地方の相場なら126万円程度です。同じく関東地方の飲食費用は33万円程度、返礼品費用が35万円程度でした。従来の葬儀では僧侶の読経があるので、お布施の用意もあります。このお布施には明確な料金体系がないものの、葬儀と告別式の読経量なら15万円を上限と考えてよいでしょう。仏教形式で葬儀をするなら、戒名が必要になる場合もあり、この費用は別になる可能性があります。他に心づけを用意することがあります。葬儀の世話役や近所の人に手伝ってもらったとき、世話人に1万円程度、手伝い人には1人3000円程度を相場として渡します。従来タイプの葬儀を行うと、以上のような相場になります。

市川市の家族葬相場を事前確認する

市川市で家族葬をするときの費用相場は、直葬や火葬式なら12万円前後が一般的です。通夜・告別式を行わないことから、費用面でも時間拘束でも家族に負担をかけないメリットがあります。中には30万円前後のプランもあるので、葬儀社と相談しながらプラン設計をすることも可能です。また、斎場を使用した家族だけの葬儀もできて、親族が10名と一般の方が5名参列しても、30万絵に内で追加料金なしというプランが目立ちます。この金額を相場と捉えて良いでしょう。ただし、安置日数が長くなると、その分の費用が加算される可能性があるので、十分に確認することが必要です。また、たくさんの花に囲まれた家族のみの葬儀を希望するなら、花が多くなるほど料金に加算される可能性があるでしょう。プランに含まれるサービス項目をチェックしておけば、市川市で納得できる家族葬が行えます。