市川市の家族葬のよかったところ

市川市は千葉県の中でも主要な都市の一つなので、家族葬のプランを提供している葬儀社はたくさんあります。このことからも市川市でも葬儀についての関心が高まってきていることが分かります。市川市にお住まいの方で終活を行っている方も少なくありません。葬儀の形式は宗教によって幾つか存在しますが、近頃は宗教にこだわらず自由な形で故人と、お別れをする葬儀が多くなってきています。葬儀の形式は、葬儀をどのような形で行うかにより分類される葬儀の形のことになります。家族葬は、故人の遺族や、故人を生前に親しくしていた知り合いだけで執り行なう葬儀のことを指します。一般的な他の葬儀とは違って、故人を充分によく知っている人たちだけで、ゆっくりと行うことが可能なのがよかったところになります。

近頃人気が出てきている他の形式の葬儀

以前から人気がある葬儀の形式としては、家族葬だけでなく、火葬式や、社葬、密葬などが挙げられます。そして、近頃多くなってきている形式には自然葬や、自由葬などが挙げられます。火葬式とは、お通夜や、告別式を執り行わずに、火葬だけを執り行う葬儀のことになります。本来は、葬儀は、お通夜からはじまり、翌日に葬儀と、告別式を執り行った後に、火葬を執り行うという流れで進むのが一般的なのですが、お通夜や、告別式を執り行うのを省略して、火葬だけを執り行います。家族が亡くなったからといって、葬儀を必ず行わなければならないという法律はないので、近頃は火葬式の形式を選ぶ遺族も増えてきています。密葬は、故人の生前に親しくしていた人たちだけで行われる葬儀のことになります。

密葬や社葬などといった葬儀の形式

密葬は、外部に対して案内や、告知を行いませんが、密葬は本来、日を改めて本葬を行うことを前提として行われる葬儀のことになります。そのため、密葬は告別式を執り行いません。また、家族葬は、やってよかったと感じることが多い一方で、葬儀を執り行うことを、お知らせする人たちを、どこまで絞り込むのかが、とても難しい問題で、失礼なことがないように、お知らせをすることが大切となります。社葬とは、企業の社長や、会長が亡くなった場合や、企業に所属していた従業員が殉職したときに行われる葬儀のことになります。社葬は、亡くなった方が所属していた企業が執り行うので、会葬する人たちの人数も多くなり、準備を数日前から行っておくことが必要になります。そのため、密葬は社葬を行う前に遺族だけで済ませておいて、その後に日を改めて社葬を執り行うというのが一般的になります。