市川市の家族葬の事前に準備しておくこと

東京都に隣接している市川市は、マンション在住の核家族世帯が多いことから家族葬が選ばれやすくなっています。多くの葬儀社が概ね3種類にわかれている家族葬プランを設け、価格設定も各社のプランごとに大きな違いがあります。エンディングノートを用意しておくことの重要性が知られるようになって、葬儀や墓所に関して事前の準備するのは縁起が悪いと考える人も減って来ました。むしろ、万が一の事態に慌ててしまい、納得のいかない葬儀になってしまうより、きちんと準備しておくほうが良いという考え方が浸透してきています。故人を出来る限りの良い葬儀で送りたいという気持ちが一番なのはもちろんですが、無理のない範囲の費用かどうかも重要です。何の準備もないまま、病院等から勧められた葬儀社と慌ただしく契約して、思わぬ高額になるケースも散見されます。

葬儀プランの概要と参列人数を把握

各葬儀社が設定している家族葬プランには大体3種類となっており、同じ形式であっても斎場の規模や祭壇のタイプなどで価格にはかなりの幅があります。比較サイトなどでは安いプランに目が行きますが、必要な祭具などがオプションで加算されて、最終的には割高になるものもあります。3種類のプランの1つめは、参列者が家族親戚のみという以外は通常の葬儀と大差なく、お通夜と告別式の両方を行うものです。2つめはお通夜がなく告別式のみの一日葬で、3つめがお通夜も告別式も行わず火葬のみの直葬です。火葬式とも呼ばれています。もっとも費用がかからないことで、市川市でも他エリア同様、直葬が選ばれやすくなっています。ことに市営の斎場である市川市斎場は、火葬場に斎場が併設されていることと、市民の場合、一般の葬儀社プランよりも割安で直葬を行えることから、人気となっています。

葬儀を行う斎場へのアクセスも確認

予算に見合ったプランがある葬儀社であることに加え、葬儀を行う斎場が自宅や駅からアクセスが良いかどうかも確認しておく必要があります。市川ではJR総武線沿いだけでなく、東京メトロ東西線沿いにも私営斎場が点在しています。葬儀社によっては利用できる斎場とできない斎場がありますので、この点も把握しておかなくてはなりません。自分が利用したい斎場が特定の葬儀社の私設という場合は、その葬儀社一択ということになります。市川市斎場は火葬場の併設だけに、やや不便なエリアにあり、近隣の駅からはバスやタクシーの利用となります。葬儀が重なってしまうと待たされることもありますが、火葬のみの直葬の場合、最適の斎場と言えます。慌ただしい印象もある直葬ですが、会葬者への気遣いもなく故人を送ることができる葬儀としても人気を高めています。

当社は自社に料理部門がある為、その季節に厳選された食材でのお料理をひとつずつお作りさせて頂いております。 お客様の気持ちに寄り添いながらも心が温まるような素敵な時間を提供致します。 当社は昭和38年9月に設立致しました。 費用から様々なプランをご用意しておりますので皆様のライフスタイルに合ったご葬儀をお選び頂けます。 市川市で家族葬お考えの方へ